• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「はじめてのルーヴル」中野京子著

 世界最高峰の美術館が収蔵する7500点もの絵画から「これだけは見ていて損はない」という名画を取り上げ、解説をしたアート読み物。

 まずは同美術館で誰もが絶対に見落とさない3作品のひとつ、ダヴィッド作「ナポレオンの戴冠式」(ちなみに、あとの2つは「モナ・リザ」と「ミロのヴィーナス」)。床に置いたら60平方メートルにもなるこの巨大な作品を見たナポレオンは、「画面の中に入ってゆけそうだ」とその出来栄えに満足したという。現実の戴冠式の様子から、絵に登場する人物たちのその後、そして自身がナポレオンに心酔していたという作者ダヴィッドの人生などエピソード満載で見どころを紹介。ほかに名画16点、関連作も合わせ全68点を解説。(集英社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る