「はじめてのルーヴル」中野京子著

公開日:

 世界最高峰の美術館が収蔵する7500点もの絵画から「これだけは見ていて損はない」という名画を取り上げ、解説をしたアート読み物。

 まずは同美術館で誰もが絶対に見落とさない3作品のひとつ、ダヴィッド作「ナポレオンの戴冠式」(ちなみに、あとの2つは「モナ・リザ」と「ミロのヴィーナス」)。床に置いたら60平方メートルにもなるこの巨大な作品を見たナポレオンは、「画面の中に入ってゆけそうだ」とその出来栄えに満足したという。現実の戴冠式の様子から、絵に登場する人物たちのその後、そして自身がナポレオンに心酔していたという作者ダヴィッドの人生などエピソード満載で見どころを紹介。ほかに名画16点、関連作も合わせ全68点を解説。(集英社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る