「はじめてのルーヴル」中野京子著

公開日: 更新日:

 世界最高峰の美術館が収蔵する7500点もの絵画から「これだけは見ていて損はない」という名画を取り上げ、解説をしたアート読み物。

 まずは同美術館で誰もが絶対に見落とさない3作品のひとつ、ダヴィッド作「ナポレオンの戴冠式」(ちなみに、あとの2つは「モナ・リザ」と「ミロのヴィーナス」)。床に置いたら60平方メートルにもなるこの巨大な作品を見たナポレオンは、「画面の中に入ってゆけそうだ」とその出来栄えに満足したという。現実の戴冠式の様子から、絵に登場する人物たちのその後、そして自身がナポレオンに心酔していたという作者ダヴィッドの人生などエピソード満載で見どころを紹介。ほかに名画16点、関連作も合わせ全68点を解説。(集英社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る