日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「まわり舞台の上で荒木一郎」荒木一郎著

「こんばんは、荒木一郎です」

 1966年に始まったラジオ番組「星に唄おう」は、荒木の語りと自作の曲で構成された番組だった。テーマ曲「空に星があるように」はシングルリリースされて大ヒット。荒木は下積み経験なしで突如歌手になった。

 シンガー・ソングライターの草分けであり、俳優であり、小説家でもある。多彩な才能を発揮してきた荒木が、インタビュアーの問いに答えて、率直に自分を語り下ろした。

 1944年、文学座の女優・荒木道子と文芸評論家・菊池章一の間に生まれた。小学校4年のとき両親が離婚。兄弟はなく、母は仕事で留守がち。青山学院初等部に通っていたので、家の近くに友達がいない。人との関わりを強く求める気持ちを抱えていた。

 美空ひばりやプレスリーを聞いて育ち、中学のときからドラムを叩き、高校でモダンジャズバンドを結成。渋谷や六本木を遊び歩く。

 母の仕事柄、子ども時代から演劇の世界とつながりがあり、NHKのテレビ番組「バス通り裏」を皮切りに、役者として生き始めたが、ひとつの枠には収まらなかった。

 不良よばわりされ、何度も番組を降ろされては、復帰。「面白いやつだ」と応援する大人も多かった。大手レコード会社が仕切っていた音楽業界にあって先駆的に個人事務所を開設、自分のレーベルも立ち上げた。一見、やりたい放題で傍若無人。だが、「自己実現のベースっていうのは常に他人を利するっていうことなんだよね」。だから人がついてくる。

「空に星があるように」は、自分が振った女性の気持ちになって書いた曲だという。多彩な才能の根っこにあるのは、他人の気持ちに対する感度の良さなのだ。(文遊社 3200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事