「結婚クライシス」山田昌弘氏

公開日: 更新日:

 今の自分の生活は、そこそこ中流だと思いたい。なんとかやっていけている暮らしを変えたくない、転落したくない――と思うのが「中流転落不安」だ。

 若者の間にも、この感覚が根深く広がっている。それが男女交際の不活発化、ひいては未婚化・少子化につながる。結婚は中流から転落するリスクが高いとされ、まさに結婚クライシス(危機)に陥る時代なのだ。

「この根底にあるのは、世間体を気にする日本人の性質です。収入が高い男性でないとイヤだとか、周りから見て恥ずかしい生活はイヤだというのも、世間体重視だからこそ。自分だけが周囲と違うのはイヤで、多数派に属さなければ損という意識も強すぎます。経済が右肩上がりの時代はそれでもよかったけれど、不景気になった途端、世間体社会の悪い面が一気に出てきてしまいましたね」

 結婚や家族にまつわる社会現象をつぶさに分析してきた著者が、新聞連載に加筆し、まとめたのが本書だ。社会保障や新卒一括採用、働き方など、日本における悪しき慣習や問題点も舌鋒鋭く論じるが、特に結婚については苦言を呈する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る

人気キーワード