「結婚クライシス」山田昌弘氏

公開日: 更新日:

 今の自分の生活は、そこそこ中流だと思いたい。なんとかやっていけている暮らしを変えたくない、転落したくない――と思うのが「中流転落不安」だ。

 若者の間にも、この感覚が根深く広がっている。それが男女交際の不活発化、ひいては未婚化・少子化につながる。結婚は中流から転落するリスクが高いとされ、まさに結婚クライシス(危機)に陥る時代なのだ。

「この根底にあるのは、世間体を気にする日本人の性質です。収入が高い男性でないとイヤだとか、周りから見て恥ずかしい生活はイヤだというのも、世間体重視だからこそ。自分だけが周囲と違うのはイヤで、多数派に属さなければ損という意識も強すぎます。経済が右肩上がりの時代はそれでもよかったけれど、不景気になった途端、世間体社会の悪い面が一気に出てきてしまいましたね」

 結婚や家族にまつわる社会現象をつぶさに分析してきた著者が、新聞連載に加筆し、まとめたのが本書だ。社会保障や新卒一括採用、働き方など、日本における悪しき慣習や問題点も舌鋒鋭く論じるが、特に結婚については苦言を呈する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る