「バサジャウンの影」ドロレス・レドンド著、白川貴子訳

公開日: 更新日:

 スペイン・バスク地方のバスタン渓谷で少女の遺体が見つかる。知らせを受けた州警察の捜査官・アマイアが現場に駆け付けると、河原に寝かせられた遺体は、衣服が襟首から足元まで切り裂かれ、陰毛が剃られた場所には土地の伝統菓子が置かれていた。被害者は13歳のアイノアだった。

 やがて、1カ月前に現場から2キロ離れた場所で見つかった17歳のカルラの遺体も同じ状況だったことが明らかになる。アマイアは、カルラの事件を担当するエリソンド署に設置された特別捜査本部の責任者に任命される。エリソンドはアマイアが生まれ育った村だった。3日後、また少女の遺体が見つかる。

 映画化も決まったスペイン大ベストセラー長編ミステリー。(早川書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る