「バサジャウンの影」ドロレス・レドンド著、白川貴子訳

公開日: 更新日:

 スペイン・バスク地方のバスタン渓谷で少女の遺体が見つかる。知らせを受けた州警察の捜査官・アマイアが現場に駆け付けると、河原に寝かせられた遺体は、衣服が襟首から足元まで切り裂かれ、陰毛が剃られた場所には土地の伝統菓子が置かれていた。被害者は13歳のアイノアだった。

 やがて、1カ月前に現場から2キロ離れた場所で見つかった17歳のカルラの遺体も同じ状況だったことが明らかになる。アマイアは、カルラの事件を担当するエリソンド署に設置された特別捜査本部の責任者に任命される。エリソンドはアマイアが生まれ育った村だった。3日後、また少女の遺体が見つかる。

 映画化も決まったスペイン大ベストセラー長編ミステリー。(早川書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る

人気キーワード