「裁判所ってどんなところ?」森炎著

公開日: 更新日:

 若者向けに裁判所について解説した一般教養入門書。

 明治期、西洋の諸国家の仕組みを輸入することで初めて日本に裁判所が生まれた。ドラマで見るような江戸時代の「遠山の金さん」らの仕事ぶりは裁判ともいえるが、彼らが働いていた場所は裁判所とはいえないという。なぜなら、裁判所の本質とは、政治権力から独立していることだからだ。

 明治初期は試行錯誤が続いていたが、明治半ばに日本人巡査が来日したロシア皇太子に傷害を負わせた「大津事件」の裁判で、裁判所が政府の圧力をはね返し、司法権の独立を獲得した。そうした歴史から、司法制度の仕組みや裁判官の素顔、そして裁判制度の裏側まで、憲法学や法哲学の考え方にも触れながら講義。(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  6. 6

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  7. 7

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  8. 8

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  9. 9

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  10. 10

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

もっと見る