「無敵犯 刑事課・亜坂誠 事件ファイル101」浅暮三文著

公開日: 更新日:

 亜坂刑事が勤務するK署管内で爆発事件が発生した。下水道内に放置されたガソリンが気化して引火したと分かるが、犯人の意図は不明だ。管内では小学校で飼っていた動物が盗まれたり、ごみ屋敷が放火されるなど、不審な事件が続発。関連を疑った亜坂は、本庁捜査一課の土橋に助言を求める。

 亜坂の5歳の娘・理沙が、爆発現場近くの図書館の壁に「おこりんぼ」という落書きを見つける。調べると、小学校の飼育小屋やごみ屋敷にもそれぞれ「先生」「ねぼすけ」と落書きがあった。そんな中、殺人事件が発生。被害者は理沙が図書館で友達になった、いつきの母親あいりだった。あいりの下半身にも「てれすけ」とナイフで刻まれた文字が残っていた。

 巧みな構成で徹夜必至の新感覚警察小説。

(集英社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  7. 7

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

もっと見る