連日注目を集める小池知事の「劇場政治」に迫る

公開日:  更新日:

「東京都政の真実」鈴木哲夫著

 東京都庁舎の正面玄関に連日レンズの放列を敷くマスコミ各社。小池都知事になって見られるようになった「出待ち」の光景だという。大手マスコミは「注目の存在だからだ」というが、その注目自体がもとはマスコミがつくり上げたもの。つまり「小池劇場」は大手マスコミを手玉にとった都知事側の“作戦勝ち”の成果なのだ。

 地方局から東京キー局、BS、MX(メトロポリタンTV)までテレビジャーナリズムの現場で四半世紀になるという政治ジャーナリストの著者は、舛添降ろしに始まって都知事選の圧勝、都議会との確執、都庁官僚組織との暗闘、そして五輪や豊洲問題などまで、小池都政の裏側を次々と明らかにしてゆく。

 東京は大都会だが、都政問題の報道は新聞の都内版が中心。それゆえ都政の問題点は都庁・都議会とも陰に隠れがちだった。その隙を突いたのが小泉元総理ゆずりの「小池劇場」だったというわけだ。本来“エコ五輪派”のバッハIOC会長を巧みにとりこんだ森喜朗五輪組織委会長との暗闘など、一般人の知り得ない話題を巧みに紹介。(イースト・プレス 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る