「ゼロ・アワー」中山可穂著

公開日: 更新日:

 ハムレットと呼ばれる殺し屋は新垣家の夫婦と5歳の男の子を殺したとき、飼い猫に引っかかれた。その爪に自分の皮膚が残るのを恐れて連れ帰る。猫の首輪にはGPSが装着されていたが、その首輪は香港の海に捨てられていて、足跡はそこで途絶えた。

 バレエの合宿に参加していたため、ただ一人生き残った娘の広海は、父と絶縁していたブエノスアイレス在住の祖父・龍三に引き取られる。龍三は広海が14歳のとき、衝撃的な告白をする。息子一家が殺されたのは、かつて殺し屋だった自分への遺族の報復だというのだ。広海は自分も殺し屋となり、家族の敵を取ることを決意する。

 美しき殺し屋が疾走するノワール長編。(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る