「ゼロ・アワー」中山可穂著

公開日:

 ハムレットと呼ばれる殺し屋は新垣家の夫婦と5歳の男の子を殺したとき、飼い猫に引っかかれた。その爪に自分の皮膚が残るのを恐れて連れ帰る。猫の首輪にはGPSが装着されていたが、その首輪は香港の海に捨てられていて、足跡はそこで途絶えた。

 バレエの合宿に参加していたため、ただ一人生き残った娘の広海は、父と絶縁していたブエノスアイレス在住の祖父・龍三に引き取られる。龍三は広海が14歳のとき、衝撃的な告白をする。息子一家が殺されたのは、かつて殺し屋だった自分への遺族の報復だというのだ。広海は自分も殺し屋となり、家族の敵を取ることを決意する。

 美しき殺し屋が疾走するノワール長編。(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る