• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

各紙を擬人化 プチ鹿島氏「ゲンダイ師匠は辛口おじさん」

「ネットニュースの見出しだけをフラットに読んで、分かったつもりになるのではなくて、その記事はどの新聞社が書いたのか、各社のキャラクターの違いを踏まえて読むと、ニュースもグッと面白くなると思うんです」

 というのは、デジタル全盛、紙媒体が青息吐息の今、新聞をこよなく愛する著者の弁。

 各新聞の特性を擬人化(おじさん化)し、より身近な存在に見立てて解説。朝日は「高級背広を着たプライド高め」、産経は「和服を着て常に小言」、毎日は「論理に重きをおく書生肌」、東京は「問題意識の高い庶民派」、読売は「ナベツネそのもの」。言い得て妙、抱腹絶倒の例えだ。

 では、日刊ゲンダイはというと――。

「とにかく安倍首相が嫌いなんです。毎日真剣に怒っている辛口のおじさんで、僕は日刊ゲンダイのことを『ゲンダイ師匠』と勝手に呼んでいます。大見出しは檄文であり、永遠に学生運動の印象。僕はゲンダイ師匠の憤怒叱責を楽しむために朝刊紙を読んでいるようなものです。少し前は『ペテン』『デタラメ』のフレーズが師匠のお気に入りでしたね。最近は『官邸錯乱』『昭恵錯乱』と『錯乱』が口癖。師匠には朝刊紙では使わないキラーフレーズをバンバン使ってほしいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る