「やってはいけない高血圧治療」松本光正著

公開日:

「高血圧は危険だ」。あなたがそう思っている理由は、「脳卒中を引き起こすから」だろう。しかしこれは、戦後までに根付いた時代遅れの常識。近年では、血圧を下げるために薬を服用する方が健康リスクを高めることが分かってきたと、本書は警告している。

 脳卒中は大きく、脳梗塞と脳出血とくも膜下出血に分けられる。戦後の日本人の死因第1位は脳卒中であり、およそ60%を占めていたのが脳出血だった。栄養状態が悪く、血管がもろかったため高い血圧に耐えられず出血を起こしやすかったことが、原因のひとつとして考えられるという。

 ところが90年代以降、日本人のコレステロール値が上がって細胞膜が強化され、血管も強くなった。同時に、脳出血の患者は激減し、代わって60%を占めるようになったのは脳梗塞だ。実は、血圧を下げた方が脳梗塞のリスクは高まる。血流が弱まり、血栓を取り除きにくくなるためだ。医師から「脳梗塞予防のために降圧剤を始めましょう」と言われた経験を持つ人もいるだろうが、これはとんでもない間違いなのだという。

 他にも、塩分やドロドロ血など高血圧にまつわるウソを暴く本書。古い常識を信じ込んでいると、命が危ない。

(KADOKAWA 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る