• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「睡眠の教科書」ロバート・ローゼンバーグ著 上野元美訳

 近年では睡眠の効果が詳細に研究され、睡眠の質を高めると心臓血管疾患のリスクが減ることや、睡眠不足が続くとアルツハイマー病に関わるアミロイドβタンパク質が浄化されにくくなることなどが明らかになっているという。本書では、30年以上のキャリアを持つ睡眠専門医が、睡眠の効能やさまざまな睡眠障害の治療法、そして、良質な睡眠をとるためのヒントを伝授している。

 日本人は5人に1人が何らかの睡眠障害を抱えているといわれるが、眠れない理由を明らかにすれば治療の道も開ける。例えば、ドーパミンの低下が引き金となる「むずむず脚症候群」では、夜になると脚にしびれるような不快な症状が起こって睡眠が妨げられる。この場合は、ドーパミンの産生に関わる鉄分補充治療や、リンパ液と血液の循環を助ける圧迫療法などで改善が期待できるという。

 パソコンやスマホのブルーライトの影響で睡眠サイクルに異常を来す、「概日リズム睡眠障害」も増加傾向にある。この場合は、就寝2時間前には通信機器の電源を切り、睡眠を促すメラトニンの分泌を促すため、寝室に赤色の終夜灯を使うことなどが有効な対策だという。

 良質の睡眠こそが健康長寿の基本だ。(シャスタインターナショナル 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る