「さすらいの皇帝ペンギン」高橋三千綱著

公開日: 更新日:

 作家の楠三十郎にテレビ局からオファーがあった。開局30周年記念のドキュメンタリー番組で南極のリポーターをやってほしいという。テレビの仕事は断るつもりだったが、7年前に雑誌の取材で南極に向かったものの、観光船の座礁で挫折した楠は、「南極」と聞いていやいや引き受けた。経由地のプンタアレナスの毛糸屋で買い物をしたら、そこの孫娘が鳥籠に入った皇帝ペンギンの雛を持ってきた。店の客が置いていった雛を南極に帰してほしいということらしい。だが、皇帝ペンギンのコロニーがあるのは、南極でも最も寒くて孤立した氷棚の上だ。「コドク」と名付けペンギンを帰すための悪戦苦闘の日々を描いた長編。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  3. 3

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  4. 4

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  5. 5

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  6. 6

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  7. 7

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  8. 8

    白石麻衣「写真集37万部」の凄さ アイドルでは実質歴代2位

  9. 9

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

  10. 10

    筆者も招待…「桜」疑惑背任罪での告発は本質をついている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る