「さすらいの皇帝ペンギン」高橋三千綱著

公開日:

 作家の楠三十郎にテレビ局からオファーがあった。開局30周年記念のドキュメンタリー番組で南極のリポーターをやってほしいという。テレビの仕事は断るつもりだったが、7年前に雑誌の取材で南極に向かったものの、観光船の座礁で挫折した楠は、「南極」と聞いていやいや引き受けた。経由地のプンタアレナスの毛糸屋で買い物をしたら、そこの孫娘が鳥籠に入った皇帝ペンギンの雛を持ってきた。店の客が置いていった雛を南極に帰してほしいということらしい。だが、皇帝ペンギンのコロニーがあるのは、南極でも最も寒くて孤立した氷棚の上だ。「コドク」と名付けペンギンを帰すための悪戦苦闘の日々を描いた長編。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る