• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「水燃えて火」神津カンナ著

「山師と女優の電力革命」という副題のついた長編である。山師というのは、福沢諭吉の女婿桃介のことで、女優とは川上貞奴のことだ。全5章からなる長編だが、第2章まではその桃介が木曽山中にいかにしてダムを造ることになったのかという顛末記で、そこに貞奴と知り合って同居することになる経緯も挿入される。そういう事実を知らなかった人にはこれだけでも十分に興味深いが、本書が真に面白くなるのはその先である。第3章から木曽谷を取り仕切る島崎家の当主・島崎広助(島崎藤村の兄)が登場するのだ。

 広助の次女こま子が、妻を亡くした藤村の身の回りの世話のために藤村の家で暮らすうちに男女の仲になって叔父の子をうみ、しかもそのことを藤村が「新生」という小説にして発表したからたまらない。広助が藤村と絶縁するのは当然だが、この男には終生こういう苦労がつきまとう。たとえば、木曽谷を取り仕切る家に生まれたので、その地区に住む者の意見をまとめなければならず、これがいろいろと大変なのである。問題が次々に生じるので休む暇がない。

 もしも本書が桃介だけの物語であったなら、興味深い話ではあっても、やや単調な物語になっていただろう。ところが、開発される住民の側に島崎広助が登場してくると、事態は複雑になり錯綜し、奥行きのある物語となっていく。木曽という地域の発展と変化を映す読みどころ満点の「木曽小説」になるのだ。(中央公論新社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る