北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「水燃えて火」神津カンナ著

公開日:

「山師と女優の電力革命」という副題のついた長編である。山師というのは、福沢諭吉の女婿桃介のことで、女優とは川上貞奴のことだ。全5章からなる長編だが、第2章まではその桃介が木曽山中にいかにしてダムを造ることになったのかという顛末記で、そこに貞奴と知り合って同居することになる経緯も挿入される。そういう事実を知らなかった人にはこれだけでも十分に興味深いが、本書が真に面白くなるのはその先である。第3章から木曽谷を取り仕切る島崎家の当主・島崎広助(島崎藤村の兄)が登場するのだ。

 広助の次女こま子が、妻を亡くした藤村の身の回りの世話のために藤村の家で暮らすうちに男女の仲になって叔父の子をうみ、しかもそのことを藤村が「新生」という小説にして発表したからたまらない。広助が藤村と絶縁するのは当然だが、この男には終生こういう苦労がつきまとう。たとえば、木曽谷を取り仕切る家に生まれたので、その地区に住む者の意見をまとめなければならず、これがいろいろと大変なのである。問題が次々に生じるので休む暇がない。

 もしも本書が桃介だけの物語であったなら、興味深い話ではあっても、やや単調な物語になっていただろう。ところが、開発される住民の側に島崎広助が登場してくると、事態は複雑になり錯綜し、奥行きのある物語となっていく。木曽という地域の発展と変化を映す読みどころ満点の「木曽小説」になるのだ。(中央公論新社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る