北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「北海タイムス物語」増田俊也著

公開日:  更新日:

「北海タイムス」は北海道に実在した新聞である。歴史ある新聞であったが、1998年に休刊。本書はその新聞社を舞台にした小説だが、読み始めるとやめられなくなる。

 とにかく労働環境が半端ないのだ。手取りで13万ちょっとという低賃金で、部次長になっても年収は200万円。だから、休みの日に工事現場に働きにいく。そうしないとやっていけないのだ。昼飯時になると、ビニール袋から米飯を取り出し、おにぎりを作り塩をつけて食べるシーンにも驚く。新聞社に勤める整理部の社員が、ただの米飯が甘いと感じるシーンで、これは本書の中の象徴的な場面といっていい。内職に出かける時間があるのはまだいいほうで、超過勤務のためにその内職もままならないのが実態。肉や刺し身を食べてみたいと嘆く場面も頻出するが、その過酷な労働の日々が、これでもかこれでもかと描かれていく。

 そこで働く人間たちも超個性的な連中ばかりで、ぶつかっては酒を飲み、そのまま会社の隅で寝る。北大柔道部の青春を描いた自伝的小説「七帝柔道記」も熱い小説だったが、今回も前著に負けず劣らず熱い。

 主人公は全国紙の採用試験にすべて落ち、何も知らずに北海道にやってきた野々村巡洋。取材記者志望だったのに整理部に回され、しかも先輩が厳しく、涙にくれる毎日だ。その青年がたくましくなっていく圧巻のラストまで一気読みの傑作である。(新潮社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る