• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「僕は奇跡なんかじゃなかった」カール・レーブル著 関根裕子訳

 神様、帝王、魔術師、暴君、計算高い完璧主義者、奇跡のカラヤン……。カラヤンはさまざまな呼ばれ方をする。ベルリン・フィルの音楽監督を34年務め、20世紀の楽壇を牽引したマエストロは、称賛と同じくらい、誹謗・中傷にもさらされた。どこまでが伝説で、どこまでが実像なのか。カラヤンと親交があったウィーン生まれの音楽ジャーナリストが、真実を描き出そうと試みた。

 浮かび上がってくるのは、完璧を求めて努力を惜しまない天才の壮絶な姿だ。

 音楽に対してとてつもない情熱を持ち、湧き出るアイデアを理想的な形で実現するためなら、妥協しない。確執も軋轢も気にとめない。その姿はときに冷徹に見えた。指揮者の枠に収まりきれず、オペラの舞台演出家、音楽祭のマネジャー、先駆的な音楽ビジネスを手掛ける企業家と、カラヤンは活動領域を広げていく。演奏家にとっては頼りになるトレーナーで、彼らの多くはカラヤンの指揮で演奏することを好んだ。「彼に見つめられるだけで電流が走ったみたいになって、安心できるんだ」と、若き日のテノール歌手ホセ・カレーラスは語っている。

 プライベートでは3度結婚。多忙な時間を縫ってスキーや乗馬を楽しみ、スポーツカーを乗り回し、飛行機を自ら操縦した。しかし、派手なイメージとは裏腹に、ケガや持病で全身に痛みを抱え、激痛に耐えて長大な交響曲を指揮することもあった。21歳で地方の小さなオペラ劇場の指揮者になってから81歳で亡くなる直前まで、この天才は並外れた勤勉さと忍耐力で音楽と向き合い、録音や映像など膨大な遺産を残した。没後27年が過ぎても、カラヤンはクラシック音楽界の巨星として輝いている。(音楽之友社1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事