• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「潮流 東京湾臨海署安積班」今野敏著

 東京湾臨海署の管内3カ所から救急車の出動要請が入る。無線を聞いた刑事の須田が念のため、病院に行くと、搬送された患者は3人とも死亡。係長の安積は、バイオテロを想定し、捜査に取り掛かる。翌日、3人の死因は猛毒のリシンと判明。須田によると、海外で傘型の空気銃でリシン入りの金属球を標的の体内に撃ち込む暗殺が実行された例があるという。3人が倒れた場所はそれぞれ別で、接点もなかった。リシンは摂取後、作用が表れるまで数時間かかることが分かり、「ゆりかもめ」が犯行現場として浮かび上がる。そんな中、犯人と思われる人物から署にメールが届く。

 個性豊かな刑事たちがチームワークで事件の真相を暴き出す人気警察小説シリーズ。(角川春樹事務所 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る