「潮流 東京湾臨海署安積班」今野敏著

公開日: 更新日:

 東京湾臨海署の管内3カ所から救急車の出動要請が入る。無線を聞いた刑事の須田が念のため、病院に行くと、搬送された患者は3人とも死亡。係長の安積は、バイオテロを想定し、捜査に取り掛かる。翌日、3人の死因は猛毒のリシンと判明。須田によると、海外で傘型の空気銃でリシン入りの金属球を標的の体内に撃ち込む暗殺が実行された例があるという。3人が倒れた場所はそれぞれ別で、接点もなかった。リシンは摂取後、作用が表れるまで数時間かかることが分かり、「ゆりかもめ」が犯行現場として浮かび上がる。そんな中、犯人と思われる人物から署にメールが届く。

 個性豊かな刑事たちがチームワークで事件の真相を暴き出す人気警察小説シリーズ。(角川春樹事務所 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る