「かくれ高血糖が体を壊す」池谷敏郎著

公開日: 更新日:

 肥満ではないし、健診での血糖値も正常なので、糖尿病とは無関係。実はこれ、大きな間違いだ。食事をした後、あなたの体の中では血糖値が急激に上昇し、血管に大ダメージを与えている可能性もあるからだ。

 食後は誰でも血糖値が上がるが、通常であればインスリンが分泌されて、上昇を緩やかに抑えてくれる。ところが、かくれ高血糖の人はインスリンが追い付かず、空腹時は健康な人よりも血糖値が低いのに、食後は糖尿病と同レベルにまで急上昇する。この乱高下を繰り返す人ほど、心筋梗塞や脳卒中などの重大な血管疾患を発症しやすいという。

 かくれ高血糖になりやすい人には、共通する生活習慣がある。それは、朝食を食べず、昼食に丼物や麺類など糖質の高い食事をすること。前日の夕食から時間が空き、低血糖状態になっているところで、大量の糖質を取るのだから体への負担は大きい。

 さらに、食後にゆっくりと休むのもNG。“食後に動くと消化に良くない”というのは過食がなかった昔の話で、現代人の食生活で食休みをすると、血糖値は上がり放題なのだ。

 本書では、食後3分で血糖値をクールダウンするための、座ったままでできる運動なども紹介。今日の食後から始めてみては。(青春出版社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る

人気キーワード