• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「かくれ高血糖が体を壊す」池谷敏郎著

 肥満ではないし、健診での血糖値も正常なので、糖尿病とは無関係。実はこれ、大きな間違いだ。食事をした後、あなたの体の中では血糖値が急激に上昇し、血管に大ダメージを与えている可能性もあるからだ。

 食後は誰でも血糖値が上がるが、通常であればインスリンが分泌されて、上昇を緩やかに抑えてくれる。ところが、かくれ高血糖の人はインスリンが追い付かず、空腹時は健康な人よりも血糖値が低いのに、食後は糖尿病と同レベルにまで急上昇する。この乱高下を繰り返す人ほど、心筋梗塞や脳卒中などの重大な血管疾患を発症しやすいという。

 かくれ高血糖になりやすい人には、共通する生活習慣がある。それは、朝食を食べず、昼食に丼物や麺類など糖質の高い食事をすること。前日の夕食から時間が空き、低血糖状態になっているところで、大量の糖質を取るのだから体への負担は大きい。

 さらに、食後にゆっくりと休むのもNG。“食後に動くと消化に良くない”というのは過食がなかった昔の話で、現代人の食生活で食休みをすると、血糖値は上がり放題なのだ。

 本書では、食後3分で血糖値をクールダウンするための、座ったままでできる運動なども紹介。今日の食後から始めてみては。(青春出版社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る