「ささやかな頼み」ダーシー・ベル著、東野さやか訳

公開日:

 5歳の息子を育てるシングルマザーのステファニーは、ママ友のエミリーから彼女の息子・ニッキーを預かる。だが、エミリーがそのまま姿を消してしまう。

 エミリーの勤務先や海外出張中の彼女の夫ショーンに連絡をするが、相手にしてもらえず、不安になったステファニーは、運営する子育てブログで読者に協力を求める。

 ショーンが帰国し、ようやく警察も動き出す。何回も顔を合わすうちに、ステファニーは次第にショーンに引かれていく。彼が妻に200万ドルの生命保険をかけていたことが分かるが、ステファニーの心は動じない。ステファニーが親友への罪悪感と欲望のはざまで苦しむ中、エミリーが遺体で見つかる。

 刊行直後にハリウッドでの映画化も決まった戦慄の長編サスペンス。(早川書房 1060円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る