「ささやかな頼み」ダーシー・ベル著、東野さやか訳

公開日:

 5歳の息子を育てるシングルマザーのステファニーは、ママ友のエミリーから彼女の息子・ニッキーを預かる。だが、エミリーがそのまま姿を消してしまう。

 エミリーの勤務先や海外出張中の彼女の夫ショーンに連絡をするが、相手にしてもらえず、不安になったステファニーは、運営する子育てブログで読者に協力を求める。

 ショーンが帰国し、ようやく警察も動き出す。何回も顔を合わすうちに、ステファニーは次第にショーンに引かれていく。彼が妻に200万ドルの生命保険をかけていたことが分かるが、ステファニーの心は動じない。ステファニーが親友への罪悪感と欲望のはざまで苦しむ中、エミリーが遺体で見つかる。

 刊行直後にハリウッドでの映画化も決まった戦慄の長編サスペンス。(早川書房 1060円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る