「霊長類 消えゆく森の番人」井田徹治著

公開日: 更新日:

 地球に生息する霊長類は496種、亜種を含めると695種が確認されている。国際自然保護連合は、そのうち266種に絶滅の恐れがあると指摘。ゴリラやオランウータンなど25種にいたっては、世界中で最も絶滅の懸念が大きく、早急に種の保存に取り組む必要があると警鐘を鳴らしている。多様性が高く、さまざまな環境に適応して生きてきた霊長類は、森の生態系にも深く関わっている。霊長類がいなくなると、森の生態系がドミノ倒しのように劣化していく可能性があるともいわれている。

 本書は、ルワンダやコンゴ、ボルネオ島など、世界各地の霊長類保護の現場を取材し、生態系を守りながら彼らが末永く暮らしていくためにはどうすればよいかを考えるリポート。(岩波書店 1020円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る

人気キーワード