「国民のしつけ方」斎藤貴男著

公開日: 更新日:

 近年の「政府による報道への圧力」と、「ジャーナリズム側の過剰な自主規制」に深刻な危機感を抱く著者による警世の書。

 私たち国民は、生き方や考え方を何者かに「しつけられている」のではないかと指摘。沖縄の基地建設問題や、森友学園疑惑などを検証すれば、一連の報道の流れと政府の関係にすぐに疑念が浮かび上がる。現に「報道の自由度」ランキングで、日本は2010年の11位から、昨年は72位に急落している。メディア企業トップと首相の蜜月ぶり、軽減税率適用をエサに手玉に取られる新聞社、ネットに蔓延する「ネーティブ・アド」(記事に見せかけた広告)など、本来の責務を放棄したメディアの問題点を浮き彫りにしながら、知る権利を守るための方策を探る。(集英社インターナショナル 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る