「国民のしつけ方」斎藤貴男著

公開日:  更新日:

 近年の「政府による報道への圧力」と、「ジャーナリズム側の過剰な自主規制」に深刻な危機感を抱く著者による警世の書。

 私たち国民は、生き方や考え方を何者かに「しつけられている」のではないかと指摘。沖縄の基地建設問題や、森友学園疑惑などを検証すれば、一連の報道の流れと政府の関係にすぐに疑念が浮かび上がる。現に「報道の自由度」ランキングで、日本は2010年の11位から、昨年は72位に急落している。メディア企業トップと首相の蜜月ぶり、軽減税率適用をエサに手玉に取られる新聞社、ネットに蔓延する「ネーティブ・アド」(記事に見せかけた広告)など、本来の責務を放棄したメディアの問題点を浮き彫りにしながら、知る権利を守るための方策を探る。(集英社インターナショナル 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る