• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「国民のしつけ方」斎藤貴男著

 近年の「政府による報道への圧力」と、「ジャーナリズム側の過剰な自主規制」に深刻な危機感を抱く著者による警世の書。

 私たち国民は、生き方や考え方を何者かに「しつけられている」のではないかと指摘。沖縄の基地建設問題や、森友学園疑惑などを検証すれば、一連の報道の流れと政府の関係にすぐに疑念が浮かび上がる。現に「報道の自由度」ランキングで、日本は2010年の11位から、昨年は72位に急落している。メディア企業トップと首相の蜜月ぶり、軽減税率適用をエサに手玉に取られる新聞社、ネットに蔓延する「ネーティブ・アド」(記事に見せかけた広告)など、本来の責務を放棄したメディアの問題点を浮き彫りにしながら、知る権利を守るための方策を探る。(集英社インターナショナル 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る