• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

傷を持つ男女がお互い、いたわりあううちに…

「やさしい訴え」小川洋子著 文春文庫590円+税

【話題】チェンバロは不思議な楽器である。見た目はピアノに似ているが、ピアノがハンマーで弦を叩くのに対し、チェンバロは爪で弾き、ピアノより音は小さく、音の強弱をつけられない。要するに大きなホールではピアノにはかなわないが、狭く小さな空間では、その特徴である倍音がよく響き、独特の癒やしを与えてくれる。ラモーのチェンバロ曲をタイトルにした本書はそんなチェンバロの魅力が存分に描かれる。

【あらすじ】以前から夫に好きな女がいることに気づいていた瑠璃子は、なんとか気持ちを押し殺し、結婚生活を続けていたが、ある日ささいなことから家を出て、実家が所有する山あいの別荘に隠れ住むことになった。

 そこで出会ったのが、5、6年前からこの地でチェンバロを手作りしている新田とその助手の薫。カリグラフィーの仕事をしている瑠璃子は同じ職人としてすぐに意気投合する。

 新田は突然人前で演奏できなくなった元ピアニスト。薫は無残な形で恋人を奪われた過去を持つ。そして離婚の危機にある瑠璃子。三者三様の傷を負う彼らはチェンバロの響く林の中の小屋でお互いをいたわっていく。

 しかしそんな幸せな時間も束の間、厄介なことに瑠璃子は新田に引かれてしまう。新田と薫のあいだには自分など入り込めないような強い絆があるのは分かっているが、それでも気持ちを抑えられない瑠璃子は、なんとか新田を振り向かせようとするのだが……。

【読みどころ】本来は「やさしい訴え」のはずが、時に残酷に、時に醜く、時にしたたかに相手へ気持ちをぶつけていく背後には、常にチェンバロの繊細な音色が奏でられている。読後、ラモーのチェンバロ曲を聴くと、また違った感興が襲ってくるだろう。 <石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る