日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スミレは「地方出身のしっかりものの女子大生」!?

「雑草キャラクター図鑑」稲垣栄洋著

 私たちは雑草とひとくくりに呼んでしまうが、彼らはそれぞれが実に個性的で人間くさい存在だという。植物にとっては過酷な環境である道端や田畑、空き地など、人間と同じ場所で暮らすことを選択した雑草は、独特の進化を遂げた特殊な植物なのだ。そんな雑草たちの暮らしぶりを、キャラクター化して紹介してくれるおもしろ図鑑。

 例えば、野の花のイメージがあるスミレは「地方出身のしっかりものの女子大生」。都会で生き抜くため、そのタネには「エライオソーム」というゼリー状の物質がついている。これをエサにするアリをパートナーにすることで、タネを遠くに運んでもらっているのだとか。

 ほかにも、四季のある日本の環境になじめず、ライバルとの競争にも強くないため都会でしか生きられない「セイヨウタンポポ」は「ヨーロッパ出身の個人主義者」、根から毒性の物質を分泌して周りの植物をやっつけ野原を占拠する侵略的外来生物の「セイタカアワダチソウ」は、某大統領を彷彿させる「アメリカからやってきた超アグレッシブな実業家」、筋金入りの打たれ強さで靴の底にタネをくっつけて繁殖する「ツメクサ」は、「ビジネス街で飛び込み営業をする営業マン」など。

 キャラクター化した75種の雑草をヒトコマ漫画で紹介しながら、その驚くべき生き残り戦術を解説してくれる。

 畑にはびこると防除が難しいが、一方で草餅やモグサに使われるヨモギなどを例に、そもそも雑草とは何かといった基本から、いざ自分で育ててみようとしてタネをまいても芽が出てこないのに、草取りをすると増える雑草の不思議などにも言及。弱さと強さの両面を持ちながら、けなげに生きる雑草。足元に広がるその知られざる不思議ワールドのガイドブック。(誠文堂新光社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事