「囚われの島」谷崎由依著

公開日: 更新日:

 母に憎まれて育った新聞記者の静元由良は、なじみのバーから流れてくるピアノの音に引かれた。弾いていたのは盲目の調律師・徳田俊。ある日、由良は俊の後をつけて彼の家に行く。俊は家でなぜか蚕を飼っていた。その部屋で由良は繰り返し見る夢の話をした。独り舟に乗って島に運ばれていく夢を。

 俊は「あなたの見ている夢は、ぼくの夢です」という。俊は、自分が閉じ込められている島に小舟が近づいてくる夢を見て、いつかその夢に殺されると思っていた。由良がやってきたとき、とうとう夢に追いつかれたのだと……。

 2人の夢はある閉ざされた島の物語とつながっていた。心に闇を抱えて生きる男と女の「救い」を描く。(河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る