「スナック研究序説 日本の夜の公共圏」谷口功一氏

公開日: 更新日:

 日本全国に約7万軒もある「スナック」について、真面目に論じるという、今までに見たことのない本が出た。

「人文科学系研究者ではきら星の面々を集め、夜の公共圏としてのスナックを論じてもらいました。専門家から見れば『草野球するから集まろう、と言ったらプロ球団の4番クラスが来ちゃった』くらいの豪華なメンバーです。スナック本は多数あるのですが、歴史や法規制、統計学、文学史などの視点で書いた本はありませんでしたからね」

 組合も業界団体もない、スナックという不思議な商売について多角的に論じる本邦初の書である。

 数多くのスナック本を手掛けた都築響一氏との座談会も収録している。

「2015年の段階では全国に約10万軒ありましたが、今年の7月では6万9000軒ほどに減っているんです。減るのは仕方ないけれど、スナックという文化をなくしたくないんです。日本が誇れる独特の商売ですからね。女性がいる店って外国ではほぼ100%売春だけど、日本は違う。そこは誇りですよ。『店の女性=即売春としか考えないなんてワビサビがない!文明的には俺たちのほうが上だから!』と声を大にして言いたい(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る