• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「知られざる縄文ライフ」譽田亜紀子著 武藤康弘監修

 貝塚はこれまでゴミ捨て場とされてきたが、土偶や装飾品、そして人骨も多数発掘されていることから、近頃では“送る儀式”の場であったと推測されている。縄文人にはモノに宿る命を大切にする文化があり、役目を終えたものを貝塚に納めて天に返す儀式を行っていたと考えられるのだ。

 縄文時代には犬が単なる狩猟の道具ではなく、現代と同じく大切なパートナーだったかもしれない。その証拠に、遺跡から発掘される犬の骨は全身揃うことが多く、これは人の手できちんと埋葬されたことの証拠。人と一緒に埋葬されているケースも少なくないそうだ。

 “未開”のイメージが強い縄文人だが、実際には驚くほど創造性に富み、文化的な生活をしていたことを本書は明らかにしていく。(誠文堂新光社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る