「図説 和菓子の歴史」青木直己著

公開日:  更新日:

 日本の文化と伝統が凝縮した和菓子の歴史をたどるテキスト。

 かつて菓子といえば果物や木の実のことだった。やがて、米や麦などの穀物を材料として菓子の原形といえる餅や団子が作られるようになった。7世紀、唐菓子の影響を受け、この原初的な形態に変化が表れ、和菓子の大成へと向かう。さらに鎌倉・室町時代に中国から点心がもたらされ、現在の羊羹(ようかん)や饅頭(まんじゅう)のもととなり、戦国時代にヨーロッパ諸国とつながると、砂糖を大量に使うカステラや金平糖などが作られるようになった。そして江戸時代の鎖国体制の中、和菓子は日本の独自の嗜好品として完成していったという。儀礼や茶の湯など和菓子の文化的側面にもスポットを当てながら、その歴史を俯瞰(ふかん)する。

(筑摩書房 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る