• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「図説 和菓子の歴史」青木直己著

 日本の文化と伝統が凝縮した和菓子の歴史をたどるテキスト。

 かつて菓子といえば果物や木の実のことだった。やがて、米や麦などの穀物を材料として菓子の原形といえる餅や団子が作られるようになった。7世紀、唐菓子の影響を受け、この原初的な形態に変化が表れ、和菓子の大成へと向かう。さらに鎌倉・室町時代に中国から点心がもたらされ、現在の羊羹(ようかん)や饅頭(まんじゅう)のもととなり、戦国時代にヨーロッパ諸国とつながると、砂糖を大量に使うカステラや金平糖などが作られるようになった。そして江戸時代の鎖国体制の中、和菓子は日本の独自の嗜好品として完成していったという。儀礼や茶の湯など和菓子の文化的側面にもスポットを当てながら、その歴史を俯瞰(ふかん)する。

(筑摩書房 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る