「図説 和菓子の歴史」青木直己著

公開日:  更新日:

 日本の文化と伝統が凝縮した和菓子の歴史をたどるテキスト。

 かつて菓子といえば果物や木の実のことだった。やがて、米や麦などの穀物を材料として菓子の原形といえる餅や団子が作られるようになった。7世紀、唐菓子の影響を受け、この原初的な形態に変化が表れ、和菓子の大成へと向かう。さらに鎌倉・室町時代に中国から点心がもたらされ、現在の羊羹(ようかん)や饅頭(まんじゅう)のもととなり、戦国時代にヨーロッパ諸国とつながると、砂糖を大量に使うカステラや金平糖などが作られるようになった。そして江戸時代の鎖国体制の中、和菓子は日本の独自の嗜好品として完成していったという。儀礼や茶の湯など和菓子の文化的側面にもスポットを当てながら、その歴史を俯瞰(ふかん)する。

(筑摩書房 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る