• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ナチスの『手口』と緊急事態条項」長谷部恭男、石田勇治著

 憲法学者と、ナチス・ドイツ研究の第一人者である歴史家による対談集。

 麻生副総理は、かつて改憲論議に関する演説で、ワイマール憲法を変えたヒトラーの政治手法に学んだらどうかと語った。ヒトラーがワイマール憲法を無効化し、独裁体制を樹立するために乱用したのが、憲法48条に規定された「大統領緊急措置権」だった。5年前に自民党が発表した憲法改正草案の目玉のひとつ「緊急事態条項」は、まさにこの「大統領緊急措置権」に相当するという。体制を壊さないよう備える仕掛け=緊急事態条項が、戦前のドイツでは体制そのものを壊す道具として利用された。

 かの国の歴史を検証しながら、安倍首相と自民党ががむしゃらに進める憲法改正の真の意図に迫る。

(集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る