「ナチスの『手口』と緊急事態条項」長谷部恭男、石田勇治著

公開日: 更新日:

 憲法学者と、ナチス・ドイツ研究の第一人者である歴史家による対談集。

 麻生副総理は、かつて改憲論議に関する演説で、ワイマール憲法を変えたヒトラーの政治手法に学んだらどうかと語った。ヒトラーがワイマール憲法を無効化し、独裁体制を樹立するために乱用したのが、憲法48条に規定された「大統領緊急措置権」だった。5年前に自民党が発表した憲法改正草案の目玉のひとつ「緊急事態条項」は、まさにこの「大統領緊急措置権」に相当するという。体制を壊さないよう備える仕掛け=緊急事態条項が、戦前のドイツでは体制そのものを壊す道具として利用された。

 かの国の歴史を検証しながら、安倍首相と自民党ががむしゃらに進める憲法改正の真の意図に迫る。

(集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る