「ナチスの『手口』と緊急事態条項」長谷部恭男、石田勇治著

公開日:  更新日:

 憲法学者と、ナチス・ドイツ研究の第一人者である歴史家による対談集。

 麻生副総理は、かつて改憲論議に関する演説で、ワイマール憲法を変えたヒトラーの政治手法に学んだらどうかと語った。ヒトラーがワイマール憲法を無効化し、独裁体制を樹立するために乱用したのが、憲法48条に規定された「大統領緊急措置権」だった。5年前に自民党が発表した憲法改正草案の目玉のひとつ「緊急事態条項」は、まさにこの「大統領緊急措置権」に相当するという。体制を壊さないよう備える仕掛け=緊急事態条項が、戦前のドイツでは体制そのものを壊す道具として利用された。

 かの国の歴史を検証しながら、安倍首相と自民党ががむしゃらに進める憲法改正の真の意図に迫る。

(集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る