「秋霧」大倉崇裕著

公開日: 更新日:

 元私立探偵で、今は東京の月島で便利屋をやっている倉持。その彼が財界の大物、上尾から奇妙な依頼を受けた。入院中の上尾に代わって八ケ岳にある天狗岳に登り、その行程をビデオに収めて欲しいというのだ。妙な頼みと思いつつも倉持は引き受けるが、登山中に不審な動きを感じていた。東京に戻ると、倉持の留守中に家が放火され、登山で知り合った若い男が焼死する。ひょっとすると上尾の依頼と関係しているのでは?

 一方、元自衛隊特殊部隊員の深江は、警視庁の儀藤から過去のいくつかの殺人事件に関与している殺し屋「霧」の追跡を依頼される。すぐに動き出す深江だが、それを待ち受けていたかのように何者かの襲撃を受け、さらには奥多摩で「霧」によると思われる新たな犯行を目撃する……。

 倉持と深江は独自に自分たちが巻き込まれている事件を調査していくが、あるときその2つが交差し、事件の全容が明らかになる。

 山岳を舞台に、プロフェッショナル同士の激烈な死闘を描いたハードボイルドサスペンス。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る