「都市と野生の思考」鷲田清一、山極寿一著

公開日:  更新日:

 哲学者とゴリラ研究の権威である霊長類学研究者による対談集。

 鷲田氏は京都市立芸術大学の学長、山極氏は京都大学総長と、ともに大学運営に携わる立場からまずは大学論を展開。

 ジャングルが多種多様な遺伝子をストックする場であるように、「大学はありとあらゆる知の貯蔵庫であるべき」(山極氏)と、国家や市場論理が優先される現在の大学の在り方に疑問を呈する。

 さらに、人口が減少し、社会が縮小する時代のリーダーとして最も重要な資質は「大切な人を先に逃がして、その人たちが安全なところにたどり着くまで、敵のいちばん近くで踏ん張る人」(鷲田氏)というリーダーシップ論をはじめ、老いや家族、教養の本質など、お互いの知見に刺激を受けながら深まる対話に引き込まれる。

(集英社インターナショナル 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る