「プロ野球のお金と契約」大家友和著

公開日: 更新日:

 メジャーから日米の独立リーグまで計14球団を渡り歩いた著者によるスポーツエッセー。野球人生を振り返りながら、プロの世界のリアルな報酬と契約の内幕を明かす。

 1993年秋、ドラフトで当時の横浜ベイスターズに3位指名された著者は、契約金6000万円、年俸450万円で契約。在籍5年で1勝しか挙げられなかったが、メジャーに挑戦してレッドソックスとマイナー契約を結ぶ。紆余曲折を経ながらも2006年シーズンは年俸453万ドル(当時のレートで5・3億円)と右肩上がりの活躍をするが、故障して日本に帰国後は再起を目指し独立リーグでプレー。その時の月給はわずか十数万円だったという。複雑な大リーグの契約の仕組みを当事者の目線から解説した野球ファン必読本。 (ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る