「プロ野球のお金と契約」大家友和著

公開日:  更新日:

 メジャーから日米の独立リーグまで計14球団を渡り歩いた著者によるスポーツエッセー。野球人生を振り返りながら、プロの世界のリアルな報酬と契約の内幕を明かす。

 1993年秋、ドラフトで当時の横浜ベイスターズに3位指名された著者は、契約金6000万円、年俸450万円で契約。在籍5年で1勝しか挙げられなかったが、メジャーに挑戦してレッドソックスとマイナー契約を結ぶ。紆余曲折を経ながらも2006年シーズンは年俸453万ドル(当時のレートで5・3億円)と右肩上がりの活躍をするが、故障して日本に帰国後は再起を目指し独立リーグでプレー。その時の月給はわずか十数万円だったという。複雑な大リーグの契約の仕組みを当事者の目線から解説した野球ファン必読本。 (ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る