「田舎暮らしと哲学」木原武一著

公開日: 更新日:

 1975年、広々とした田園で子どもを育てたいと、著者は房総の夷隅町に引っ越した。まだ町営水道が引かれていなかったので井戸を利用したが、日照りによる渇水ですぐ枯れてしまう。別に深い井戸を掘ってもらったら水の心配はなくなったが、出てきたのは薄い褐色のにおいのある水。辺りは天然ガスの鉱区で、それが地下水に溶け込んでいるという。妻と3歳の息子はいつでも温泉に入れると大喜びだが、炊事には向かない。雨水をためて「雨水ご飯」を炊いたが一度でやめた。水道が開通したのは2年9カ月後だった。

 20年後、浅い井戸を埋めようとしたら、工務店の社長が「地霊のたたりがある」と言う。田舎暮らしのさまざまな発見をつづるエッセー。

(新潮社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  9. 9

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る