「田舎暮らしと哲学」木原武一著

公開日: 更新日:

 1975年、広々とした田園で子どもを育てたいと、著者は房総の夷隅町に引っ越した。まだ町営水道が引かれていなかったので井戸を利用したが、日照りによる渇水ですぐ枯れてしまう。別に深い井戸を掘ってもらったら水の心配はなくなったが、出てきたのは薄い褐色のにおいのある水。辺りは天然ガスの鉱区で、それが地下水に溶け込んでいるという。妻と3歳の息子はいつでも温泉に入れると大喜びだが、炊事には向かない。雨水をためて「雨水ご飯」を炊いたが一度でやめた。水道が開通したのは2年9カ月後だった。

 20年後、浅い井戸を埋めようとしたら、工務店の社長が「地霊のたたりがある」と言う。田舎暮らしのさまざまな発見をつづるエッセー。

(新潮社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る

人気キーワード