「田舎暮らしと哲学」木原武一著

公開日:  更新日:

 1975年、広々とした田園で子どもを育てたいと、著者は房総の夷隅町に引っ越した。まだ町営水道が引かれていなかったので井戸を利用したが、日照りによる渇水ですぐ枯れてしまう。別に深い井戸を掘ってもらったら水の心配はなくなったが、出てきたのは薄い褐色のにおいのある水。辺りは天然ガスの鉱区で、それが地下水に溶け込んでいるという。妻と3歳の息子はいつでも温泉に入れると大喜びだが、炊事には向かない。雨水をためて「雨水ご飯」を炊いたが一度でやめた。水道が開通したのは2年9カ月後だった。

 20年後、浅い井戸を埋めようとしたら、工務店の社長が「地霊のたたりがある」と言う。田舎暮らしのさまざまな発見をつづるエッセー。

(新潮社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る