「田舎暮らしと哲学」木原武一著

公開日:  更新日:

 1975年、広々とした田園で子どもを育てたいと、著者は房総の夷隅町に引っ越した。まだ町営水道が引かれていなかったので井戸を利用したが、日照りによる渇水ですぐ枯れてしまう。別に深い井戸を掘ってもらったら水の心配はなくなったが、出てきたのは薄い褐色のにおいのある水。辺りは天然ガスの鉱区で、それが地下水に溶け込んでいるという。妻と3歳の息子はいつでも温泉に入れると大喜びだが、炊事には向かない。雨水をためて「雨水ご飯」を炊いたが一度でやめた。水道が開通したのは2年9カ月後だった。

 20年後、浅い井戸を埋めようとしたら、工務店の社長が「地霊のたたりがある」と言う。田舎暮らしのさまざまな発見をつづるエッセー。

(新潮社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る