「ドビュッシーはワインを美味にするか?」ジョン・パウエル著 濱野大道訳

公開日:

 モーツァルトの曲を聴くとIQが高くなる、楽器を習うと頭がよくなる――本書は、そうした説も含めて、音楽と人間心理に関する多種多様な研究結果をもとに、音楽が人間に与える影響を多面的に解説したもの。

 音楽の種類が客の購買行動に与える実験において、ワイン陳列棚のBGMとしてポップスとクラシックを流した。すると、クラシックが流れているときの購入価格はポップスに比して3倍以上だった。またシドニー市は、駐車場などでたむろする不良たちを追い払うのに、バリー・マニロウの曲を大音量で聴かせるという奇策を打った(マニロウの曲は“ダサい”とされていた)。

 そのほか、音楽と感情の関係、うつや吃音、睡眠障害などに対する音楽療法、映画音楽が観客に与える影響等々、幅広い視野から論じられている。そして、なぜ人類は音楽を愛するのかという、根源的な問いへと迫る。

 英国人らしいユーモアあふれる筆致は読んでいて楽しい。音楽理論を平易に解説した巻末の「やっかいな詳細」も便利。

(早川書房 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る