「樹海警察」大倉崇裕著

公開日:  更新日:

 警察大学校での初任幹部科教育を終えたキャリアの柿崎は、山梨県警上吉田署の地域課特別室の室長として赴任。初日、駅に出迎えにきた明日野はなぜか、柿崎を署ではなく樹海へと連れていく。地域課特別室とは樹海での自殺案件を処理する専門部署だったのだ。

 樹海の首吊り死体までたどり着いた柿崎の前に現れたのは、部下となる栗柄と桃園の2人だった。自分を上司扱いしない2人に憤る柿崎だが、遺体の検分を進める2人は口を挟む余地もないほど手際がいい。2人によると、遺体は別の場所で殺された他殺の可能性が高いという。柿崎はすぐに刑事課を呼ぶが……。

 樹海の遺体に事件のにおいを嗅ぎつけるはみ出し警察官トリオの活躍を描くユーモア警察小説集。

(角川春樹事務所 680円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る