「樹海警察」大倉崇裕著

公開日:  更新日:

 警察大学校での初任幹部科教育を終えたキャリアの柿崎は、山梨県警上吉田署の地域課特別室の室長として赴任。初日、駅に出迎えにきた明日野はなぜか、柿崎を署ではなく樹海へと連れていく。地域課特別室とは樹海での自殺案件を処理する専門部署だったのだ。

 樹海の首吊り死体までたどり着いた柿崎の前に現れたのは、部下となる栗柄と桃園の2人だった。自分を上司扱いしない2人に憤る柿崎だが、遺体の検分を進める2人は口を挟む余地もないほど手際がいい。2人によると、遺体は別の場所で殺された他殺の可能性が高いという。柿崎はすぐに刑事課を呼ぶが……。

 樹海の遺体に事件のにおいを嗅ぎつけるはみ出し警察官トリオの活躍を描くユーモア警察小説集。

(角川春樹事務所 680円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る