「樹海警察」大倉崇裕著

公開日: 更新日:

 警察大学校での初任幹部科教育を終えたキャリアの柿崎は、山梨県警上吉田署の地域課特別室の室長として赴任。初日、駅に出迎えにきた明日野はなぜか、柿崎を署ではなく樹海へと連れていく。地域課特別室とは樹海での自殺案件を処理する専門部署だったのだ。

 樹海の首吊り死体までたどり着いた柿崎の前に現れたのは、部下となる栗柄と桃園の2人だった。自分を上司扱いしない2人に憤る柿崎だが、遺体の検分を進める2人は口を挟む余地もないほど手際がいい。2人によると、遺体は別の場所で殺された他殺の可能性が高いという。柿崎はすぐに刑事課を呼ぶが……。

 樹海の遺体に事件のにおいを嗅ぎつけるはみ出し警察官トリオの活躍を描くユーモア警察小説集。

(角川春樹事務所 680円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る