• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「東海道新幹線殺人事件」葵瞬一郎著

投稿日:  更新日:

 同日同時刻、すれ違ったばかりの東海道新幹線の下り大阪行き「のぞみ431号」と、上り東京行き「ひかり534号」14号車に置かれていたスーツケースの中から、頭を切り離され胸に抱えた状態の女性の遺体が見つかる。両方とも、スーツケースから目覚まし時計の音が鳴り響き、不審を抱いた車掌によって事件が明らかになった。

 神奈川県警の捜査によって、切り離された頭部が入れ替わっていたことが判明する。次作のアイデアを得ようと京都を訪れていた人気ミステリー作家の朝倉は事件に興味を抱き、編集者の百合とともに、翌日、事件が起きたのと同じ時刻の新幹線で東京に戻る。

 本作がデビュー作となる新鋭による長編鉄道ミステリー。

(講談社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る