「コルトM1847羽衣」月村了衛著

公開日:  更新日:

 恋人の薩摩藩士・青峰信三郎が斬りつけられて大けがを負い、記憶をなくし、無宿人として4年前に佐渡へ送られたと聞いた、渡世人の羽衣お炎。佐渡へ渡って信三郎のものとおぼしき墓を卒塔婆で掘り返していると、自分をつけてきた男たちに襲われた。

 長崎の豪商・四海屋に持たされた6連発のコルトで何とか危地を脱するが、相川で見覚えのある簪を挿した娘に出会う。それは信三郎がお炎のためにあつらえた月と日の夫婦飾りの簪だった。その娘、おみんと信三郎を捜していて、相川でオドロ様と呼ばれる邪教が人々を操っていることを知る。

 佐渡の金山を舞台に、薩摩藩が絡む陰謀に巻き込まれる女渡世人を描く時代小説。(文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る