「コルトM1847羽衣」月村了衛著

公開日:  更新日:

 恋人の薩摩藩士・青峰信三郎が斬りつけられて大けがを負い、記憶をなくし、無宿人として4年前に佐渡へ送られたと聞いた、渡世人の羽衣お炎。佐渡へ渡って信三郎のものとおぼしき墓を卒塔婆で掘り返していると、自分をつけてきた男たちに襲われた。

 長崎の豪商・四海屋に持たされた6連発のコルトで何とか危地を脱するが、相川で見覚えのある簪を挿した娘に出会う。それは信三郎がお炎のためにあつらえた月と日の夫婦飾りの簪だった。その娘、おみんと信三郎を捜していて、相川でオドロ様と呼ばれる邪教が人々を操っていることを知る。

 佐渡の金山を舞台に、薩摩藩が絡む陰謀に巻き込まれる女渡世人を描く時代小説。(文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る