• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

未加工の菜食中心食生活のすすめ

「食事のせいで、死なないために」マイケル・グレガー、ジーン・ストーン著、神崎朗子訳

 病気の改善や治療に役立つうえに副作用がなく、他のどんな治療法とも併用できる健康法とは何か。それはズバリ、食生活の改善だ。何を当たり前のことをと思うかもしれないが、生活習慣病が世界に蔓延したのは第2次世界大戦後、加工肉食品やファストフードなど自然界にはあり得ない高カロリー食品が大量消費されるようになったことが大きな要因のひとつであることは間違いない。

 本書では、史上最大規模の疫学研究「チャイナスタディー」や、特定の疾病と栄養素及び食品の関連性を突きとめた研究データをもとに、未加工の菜食中心の食生活を推進している。とはいえ、何もベジタリアンになれと言っているのではない。体に良い食材12項目の効能と種類を紹介しながら、毎日の食生活に少しずつ取り入れる方法などを紹介している。

 例えば、ブロッコリーやカリフラワー、芽キャベツにホースラディッシュといったアブラナ科の野菜だ。鍵を握るのはスルフォラファンという成分で、抗がん物質として有望なだけでなく、脳や視力を守り、糖尿病の抑制も期待できる。その種類と効能を知っていれば、肉料理を食べるときの付け合わせにニンジンやジャガイモではなくアブラナ科の野菜のローストを添えたり、すりおろしてソースにして取り入れることもできる。

 まずは3週間実践することで、体調の変化を感じることができるはずだと本書。“食事のせいで、死なないために”、今日から始めてみては。(NHK出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る