「『老いない脳』をつくる」石浦章一著

公開日:  更新日:

 人間の脳細胞は、40歳を過ぎると10年で5%ずつ減少していくという。皮膚や内臓の細胞などは年齢を重ねても作られ続けるが、脳の細胞は生まれた瞬間からほぼ増えることはなく、40歳以降は減少する一方。もしも脳細胞の数と脳機能が比例していたとして、40歳で100%の力を発揮していたとすると、10年ごとに5%ずつ脳が機能しなくなっていくことになる。

 しかし、生活習慣によって脳の衰えにあらがうことは可能であると、東大名誉教授で理学博士の著者は言う。脳機能の維持といえば脳トレを思い浮かべるかもしれないが、実は脳を活性化させるのに、とくに重要なのが運動である。週に2~3回、1回30分以上の運動を続けると、単位時間当たりに酸素を取り込む最大量を指す「最大酸素摂取量」が年齢を重ねても維持できる。すると、酸素を体内に送り込む力が保たれ、脳の血流も維持できて脳細胞が活性化し、老いにくい脳になるのだという。

 ストレスを発散する工夫も不可欠だ。脳細胞は増えないが、実は脳の中で短期記憶をつかさどる海馬だけは細胞が増えるという。しかし、ストレスを受け続けると海馬が極端に萎縮し、記憶障害を起こしやすいことも分かっている。

 他にも、三日坊主で終わってもいいので新しいことにチャレンジすること、何らかの目標を達成したら自分に報酬を与えることなども、脳機能の活性化につながると本書。日々の努力なくして脳の機能は維持できないと心得よう。(ワック 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る