• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『老いない脳』をつくる」石浦章一著

 人間の脳細胞は、40歳を過ぎると10年で5%ずつ減少していくという。皮膚や内臓の細胞などは年齢を重ねても作られ続けるが、脳の細胞は生まれた瞬間からほぼ増えることはなく、40歳以降は減少する一方。もしも脳細胞の数と脳機能が比例していたとして、40歳で100%の力を発揮していたとすると、10年ごとに5%ずつ脳が機能しなくなっていくことになる。

 しかし、生活習慣によって脳の衰えにあらがうことは可能であると、東大名誉教授で理学博士の著者は言う。脳機能の維持といえば脳トレを思い浮かべるかもしれないが、実は脳を活性化させるのに、とくに重要なのが運動である。週に2~3回、1回30分以上の運動を続けると、単位時間当たりに酸素を取り込む最大量を指す「最大酸素摂取量」が年齢を重ねても維持できる。すると、酸素を体内に送り込む力が保たれ、脳の血流も維持できて脳細胞が活性化し、老いにくい脳になるのだという。

 ストレスを発散する工夫も不可欠だ。脳細胞は増えないが、実は脳の中で短期記憶をつかさどる海馬だけは細胞が増えるという。しかし、ストレスを受け続けると海馬が極端に萎縮し、記憶障害を起こしやすいことも分かっている。

 他にも、三日坊主で終わってもいいので新しいことにチャレンジすること、何らかの目標を達成したら自分に報酬を与えることなども、脳機能の活性化につながると本書。日々の努力なくして脳の機能は維持できないと心得よう。(ワック 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る