「『老いない脳』をつくる」石浦章一著

公開日: 更新日:

 人間の脳細胞は、40歳を過ぎると10年で5%ずつ減少していくという。皮膚や内臓の細胞などは年齢を重ねても作られ続けるが、脳の細胞は生まれた瞬間からほぼ増えることはなく、40歳以降は減少する一方。もしも脳細胞の数と脳機能が比例していたとして、40歳で100%の力を発揮していたとすると、10年ごとに5%ずつ脳が機能しなくなっていくことになる。

 しかし、生活習慣によって脳の衰えにあらがうことは可能であると、東大名誉教授で理学博士の著者は言う。脳機能の維持といえば脳トレを思い浮かべるかもしれないが、実は脳を活性化させるのに、とくに重要なのが運動である。週に2~3回、1回30分以上の運動を続けると、単位時間当たりに酸素を取り込む最大量を指す「最大酸素摂取量」が年齢を重ねても維持できる。すると、酸素を体内に送り込む力が保たれ、脳の血流も維持できて脳細胞が活性化し、老いにくい脳になるのだという。

 ストレスを発散する工夫も不可欠だ。脳細胞は増えないが、実は脳の中で短期記憶をつかさどる海馬だけは細胞が増えるという。しかし、ストレスを受け続けると海馬が極端に萎縮し、記憶障害を起こしやすいことも分かっている。

 他にも、三日坊主で終わってもいいので新しいことにチャレンジすること、何らかの目標を達成したら自分に報酬を与えることなども、脳機能の活性化につながると本書。日々の努力なくして脳の機能は維持できないと心得よう。(ワック 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  2. 2

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  7. 7

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  8. 8

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る

人気キーワード