老眼も簡単な手術で治せる時代に

公開日: 更新日:

「『よく見える目』をあきらめない」荒井宏幸著

 眼球の中でレンズの役割を担う水晶体が柔軟性を失い、これまで見えていた距離ではピントが合わなくなる老眼。食事に気を使っていようが筋トレで体を鍛えていようが45歳前後になれば誰にでも起こる、避けて通ることはできない老化現象だ。それゆえに“治す”という発想はない人がほとんどだ。

 しかし今、老眼は治療する時代へと変わりつつある。その鍵を握るのが、白内障の手術だ。水晶体が白く濁る白内障の手術はごく一般的なもので、毎年およそ150万人が受けている。これとほぼ同じ方法で、老眼も手術できるのだという。

 白内障の手術では、濁った水晶体を取り除き、代わりに透明で単焦点の人工水晶体(眼内レンズ)を入れる。しかしこれでは老眼に関しては全くの手つかずだ。対して老眼手術では、水晶体を取り除いたら遠近両用の焦点を持つ人工水晶体を入れる。白内障も治り、手元も遠くも見えるようになる。例えば、50代でまだ白内障の症状は出ていないが老眼が進んだという人は、この方法で老眼手術をしておけば、将来的に白内障になる心配もなくなるのだという。

 老眼は病気ではないため、手術には保険が利かず自由診療となり、費用は50万~100万円ほどかかる。しかし2009年からは先進医療の対象となり、検査と診察は保険診療で受けられるようになっている。年齢を重ねても快適な視界で過ごしたいなら、一考の価値はありそうだ。(講談社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る

人気キーワード