「図書館島」ソフィア・サマダー著 市田泉訳

公開日:  更新日:

 主人公のジェヴィックは、オロンドリア帝国の南方に位置する紅茶諸島の大農園の跡取り息子。辺境の紅茶諸島に文字は存在しないが、オロンドリア人の家庭教師にオロンドリア語の読み書きを習っていたジェヴィックは、詩や物語に親しむようになっていた。

 22歳のとき父親が急逝し、ジェヴィックはかねて憧れのオロンドリアへ父の代わりに交易に出かけることに。オロンドリアでは、王家の始祖であるアヴァレイ女神を信仰する信徒たちと、「石」に刻まれた言葉を信奉する「石の教団」とが対立していた。

 首都のベインに着いたジェヴィックは、女神をあがめる〈鳥の祭り〉の夜、航海中に出会った少女ジサヴェトの幽霊と出会うのだが、そのことを知った「石の教団」の司祭から聖人を詐称したとして、膨大な書物を収めた「王立図書館」がそびえる島に幽閉されてしまう――。

 書物を愛する青年の成長物語を描いたファンタジーだが、念入りに作り込まれた架空の物語や言葉、地名、人名の豊穣さに圧倒される。(東京創元社 2900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る