• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「図書館島」ソフィア・サマダー著 市田泉訳

 主人公のジェヴィックは、オロンドリア帝国の南方に位置する紅茶諸島の大農園の跡取り息子。辺境の紅茶諸島に文字は存在しないが、オロンドリア人の家庭教師にオロンドリア語の読み書きを習っていたジェヴィックは、詩や物語に親しむようになっていた。

 22歳のとき父親が急逝し、ジェヴィックはかねて憧れのオロンドリアへ父の代わりに交易に出かけることに。オロンドリアでは、王家の始祖であるアヴァレイ女神を信仰する信徒たちと、「石」に刻まれた言葉を信奉する「石の教団」とが対立していた。

 首都のベインに着いたジェヴィックは、女神をあがめる〈鳥の祭り〉の夜、航海中に出会った少女ジサヴェトの幽霊と出会うのだが、そのことを知った「石の教団」の司祭から聖人を詐称したとして、膨大な書物を収めた「王立図書館」がそびえる島に幽閉されてしまう――。

 書物を愛する青年の成長物語を描いたファンタジーだが、念入りに作り込まれた架空の物語や言葉、地名、人名の豊穣さに圧倒される。(東京創元社 2900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る