狂気の母から逃れて図書館へ

公開日:

「図書室の魔法(上・下)」ジョー・ウォルトン著、茂木健訳 創元SF文庫各860円

【話題】当たり前だが、図書館にはたくさんの本がある。たくさんの本から多様な知識を得られることはもちろんだが、大量の本に囲まれることで外界から身を守るという役割も、図書館にはある。そんなことを教えてくれるのが、ヒューゴー賞・ネビュラ賞・英国幻想文学大賞の3冠を獲得した本書だ。

【あらすじ】最愛の双子の妹モルを事故で失い、自らも足にケガを負った15歳のモリは、狂気にとらわれた母親から逃れるために、一度も会ったことのない父親のもとへ引き取られることになった。それまで育ったウェールズの町の図書館にあるSF関係の本を読破するほどSF・ファンタジー好きのモリは、父もまたSF好きで、その蔵書の充実ぶりに驚喜する。

 しかし、父と同居する3人の伯母の意向でモリは女子寄宿学校に入れられてしまう。ウェールズ育ちの彼女はイングランドの学校に馴染めず孤立していた。そんな彼女の救いは、学校の図書室と町の公立図書館で好きな小説を耽読すること。図書館に通ううちにSFファンの読書クラブにも参加、そこですてきなボーイフレンドに出会う。

 ところが彼女には秘密があった。双子の姉妹は魔法の能力を有し、ウェールズの森でフェアリーを見ることもできたのだ。妹が死んだ後も執拗に邪悪な魔法を仕掛けてくる母親に対して、モリもまた魔法によって身を守ろうとする……。

【読みどころ】1980年前後の英国を舞台に、日記形式で少女の繊細な心象風景がつづられていくのだが、特筆すべきは、物語に出てくるおびただしい数のSFおよびファンタジー作品(時に、プラトンや「共産党宣言」なども)への言及。巻末に言及される作品一覧があり、ちょっとしたSF・ファンタジー入門ともなっている。
<石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る