イラスト地図「DOOR」発売

公開日:  更新日:

 2020年の東京五輪に向け、国際関係に関する本がさまざま出版される中、このほど面白い地図が出た。帝国書院刊「DOOR」(各2800円+税)がそれだ。

 オリ・パラリンピックに参加している世界197カ国と11の地域をイラストで描いた珍しい地図で、一見開き1カ国を紹介。国の歴史や産業、文化はもちろん、国旗の由来、挨拶など、トリビア的な要素も盛りだくさん。イラストで描かれているため子供向きと思われがちだが、取り上げた事象や解説はむしろ大人の「学び直し」にピッタリだ。

 現在、アジア、ヨーロッパ編が刊行され、秋以降にアフリカ、北アメリカ、南アメリカ・オセアニア編が刊行予定だ。


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る