「枕女王」新堂冬樹著

公開日: 更新日:

「お疲れ様です。いま、特別営業終わりました。強気の営業をかけて、地上波のゴールデン帯のドラマ出演を約束してもらいました。凄いでしょう?」

 マネジャーに電話をかけてきたのは、地下アイドルグループ「ショコラ」のメンバー・未瑠。

 未瑠はその可憐な美貌と持ち前のセックステクニックを使って大物プロデューサーらを次々と籠絡。準主役、主役、バラエティー番組のレギュラーなどを勝ち取っていく。しかしその裏には、未瑠に対し執拗な中傷を続ける渋谷の黒ギャル・樹里亜の存在があり、未瑠と樹里亜の闇の背景が次第に明らかになっていく。

 かつて芸能プロダクションの社長でもあった著者が、魑魅魍魎の跋扈する芸能界を舞台にその「闇」と「夢」を描いた至極のエンターテインメント小説。(河出書房新社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る