• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「データの見えざる手」矢野和男著

 著者は人間の行動や社会現象を計測し、記録するセンサーテクノロジーとその応用を研究。自らもリストバンド型のウエアラブルセンサーを装着して、24時間365日、左手の動きを記録し続けてきた。集まった膨大なデータを解析すると、腕の動きの回数分布は、原子のエネルギー分布と同じ式で表されたという。つまり、人は自分の意志や思いで、自由に自分の行動を決めていると考えているが、実際は無意識のうちに科学法則に制約されているというのだ。

 他にも、名札型のセンサーを装着した実験などから、人の身体運動に秘められた意味を解読することで、働く人の幸福度と生産性を同時に制御することに成功したという。AIやビッグデータを生産性向上につなげた研究成果をまとめた名著の文庫化。(草思社 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る