• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マスタリー」ロバート・グリーン著、上野元美訳

〈マスタリー〉とは奥義を極めることだ。ダーウィンの従弟のゴールトンはダーウィンよりIQが高い超天才だったが、科学分野で頂点を窮めることはできなかった。それに比して生物の標本採集に夢中だったダーウィンは、医師にしようとした父の期待に応えることはできなかったが、世界周遊に出かける英国海軍艦の生物学者となり、種の起源というテーマに出合うことができた。

 昔は自ら選んだ道を追求できるのは最上流階級や超人的なエネルギーをもつ人だけだったが、現在の私たちには彼らよりチャンスがある。達人の〈最強の法則〉に学んで人生の主人公になるための指南書。(新潮社 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る