• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マスタリー」ロバート・グリーン著、上野元美訳

〈マスタリー〉とは奥義を極めることだ。ダーウィンの従弟のゴールトンはダーウィンよりIQが高い超天才だったが、科学分野で頂点を窮めることはできなかった。それに比して生物の標本採集に夢中だったダーウィンは、医師にしようとした父の期待に応えることはできなかったが、世界周遊に出かける英国海軍艦の生物学者となり、種の起源というテーマに出合うことができた。

 昔は自ら選んだ道を追求できるのは最上流階級や超人的なエネルギーをもつ人だけだったが、現在の私たちには彼らよりチャンスがある。達人の〈最強の法則〉に学んで人生の主人公になるための指南書。(新潮社 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  7. 7

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  10. 10

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

もっと見る