「心を折る上司」見波利幸著

公開日:  更新日:

 数値管理までAIが担う時代。一方で就業人口の急激な減少で、人材補充が難しくなる中、これからの管理職の仕事は「管理」ではなく「育成」だと著者はいう。一人一人を理解して少しずつ能力を伸ばし、モチベーションを高めることによってチーム全体の底上げを図る上司のあり方を説いたビジネステキストである。

 管理から育成中心にマネジメントを変革するには、本来は会社ぐるみの変革が必要だが、あなたが責任を持つのは現在の部下だけで十分。部下がやがて部下を持ち、あなたの方法が踏襲されれば、時間とともに会社自体が大きく変わっていくからだ。身近にいる困った上司の例を挙げながら、部下を育て上げていく上司になるための方法をケーススタディーする。

(KADOKAWA 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る