• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「頭がいい人の『好かれる』技術」本郷陽二著

 誰からも好かれる人になるためのシンプルな習慣を紹介する自己改革本。

 人に好かれる最大のポイントは、相手の立場になって考え、「自分だったら、こんなふうにされたい」と思う行動が取れること。その上で、上司と意見が対立したときは、まず「おっしゃることは、とても重要な対策だと思います」と、いったんは肯定し上司の意見を立ててから反対意見を述べるなど、まずは上司の心をつかむ方法をはじめ、客・同僚・部下別にそれぞれ対応法を伝授。

 また、人をほめるときはお世辞と思われないよう「前から思っていたんだけど」を付け加えるといったアイデアや、メールで仕事を断る際のポイントなど、好感度アップ間違いなしのアドバイスが満載。

(小学館 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る