「日の出」佐川光晴著

公開日: 更新日:

 明治41年、中学生の馬橋清作は徴兵を逃れるために小松を出奔する。日露戦争で出征した父が負傷して帰国したとき、おもちゃの鉄砲の音で錯乱して走り出し、急死したことが忘れられなかった。

 先輩の浅間幸三郎が手配してくれた美作の鍛冶屋にかくまわれ、鍛冶職人として生きようとするが、体面を重んじ清作を連れ戻そうとする兄の追及を逃れてさらに筑豊へ……。

 時が移って、清作のひ孫になる大学生のあさひは、自分が母方の曽祖父母の名前も知らないことに気づき、母にたずねる。すると父が、母には南米で鉱山の仕事をしていた兄と、浪曲の三味線弾きをしていた姉がいることを教えてくれた。

 時代にあらがって生きた男とひ孫の人生を描く長編小説。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

もっと見る