「日の出」佐川光晴著

公開日:  更新日:

 明治41年、中学生の馬橋清作は徴兵を逃れるために小松を出奔する。日露戦争で出征した父が負傷して帰国したとき、おもちゃの鉄砲の音で錯乱して走り出し、急死したことが忘れられなかった。

 先輩の浅間幸三郎が手配してくれた美作の鍛冶屋にかくまわれ、鍛冶職人として生きようとするが、体面を重んじ清作を連れ戻そうとする兄の追及を逃れてさらに筑豊へ……。

 時が移って、清作のひ孫になる大学生のあさひは、自分が母方の曽祖父母の名前も知らないことに気づき、母にたずねる。すると父が、母には南米で鉱山の仕事をしていた兄と、浪曲の三味線弾きをしていた姉がいることを教えてくれた。

 時代にあらがって生きた男とひ孫の人生を描く長編小説。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る