「日の出」佐川光晴著

公開日: 更新日:

 明治41年、中学生の馬橋清作は徴兵を逃れるために小松を出奔する。日露戦争で出征した父が負傷して帰国したとき、おもちゃの鉄砲の音で錯乱して走り出し、急死したことが忘れられなかった。

 先輩の浅間幸三郎が手配してくれた美作の鍛冶屋にかくまわれ、鍛冶職人として生きようとするが、体面を重んじ清作を連れ戻そうとする兄の追及を逃れてさらに筑豊へ……。

 時が移って、清作のひ孫になる大学生のあさひは、自分が母方の曽祖父母の名前も知らないことに気づき、母にたずねる。すると父が、母には南米で鉱山の仕事をしていた兄と、浪曲の三味線弾きをしていた姉がいることを教えてくれた。

 時代にあらがって生きた男とひ孫の人生を描く長編小説。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  6. 6

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る