• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日の出」佐川光晴著

 明治41年、中学生の馬橋清作は徴兵を逃れるために小松を出奔する。日露戦争で出征した父が負傷して帰国したとき、おもちゃの鉄砲の音で錯乱して走り出し、急死したことが忘れられなかった。

 先輩の浅間幸三郎が手配してくれた美作の鍛冶屋にかくまわれ、鍛冶職人として生きようとするが、体面を重んじ清作を連れ戻そうとする兄の追及を逃れてさらに筑豊へ……。

 時が移って、清作のひ孫になる大学生のあさひは、自分が母方の曽祖父母の名前も知らないことに気づき、母にたずねる。すると父が、母には南米で鉱山の仕事をしていた兄と、浪曲の三味線弾きをしていた姉がいることを教えてくれた。

 時代にあらがって生きた男とひ孫の人生を描く長編小説。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る