「大きくなる日」佐川光晴氏

公開日: 更新日:

主夫歴25年の視線が生きる「9つの連作」

 札幌の養護施設で暮らす少年たちがたくましく育っていく姿を描いた、「おれのおばさん」シリーズで知られる著者の最新作。今作は、4人家族の横山家の長男にして末っ子・太二の保育園から中学卒業までの日々を中心に、一家に関わる人々の小さな転機の日を描く、9つの連作短編集だ。

「『おれのおばさん』で描いた少年たちはタフな面々ですが、今回はヒーロー的ではない、ごく普通の子供を主人公に据えました。日常生活というのは大体にして平凡なものですが、それでも子供たちに悩みがないわけではなく、成長を阻む殻の中で必死にもがいていると思うんですね。それは親である大人たちも同じこと。そんな悩める人たちが、新たな一歩を踏み出す物語を紡いでみました」

 早くも反抗期に入った小学校4年の姉・弓子と、両親の気持ちの噛み合わなさを気にしつつ、保育園の卒園式で頭がいっぱいの5歳児太二。祖母の介護をめぐって喧嘩する両親に心を痛める太二の同級生・健人。少年サッカーチームのコーチを務める川村家の父親と他の父親との距離感……。登場人物たちはどこにでもいそうな人々で“そういう思いをしたことがある”と、思わず自分にその姿を重ねずにはいられない。「25年間、主夫として料理はもちろん、授業参観も先生やお母さんたちとの付き合いもやってきましたからね。ネタには事欠きません」と著者は笑う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  6. 6

    参院選演説で連発 自民の“失言リバイバル”は舌禍より本音

  7. 7

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  8. 8

    【秋田】大物応援vs草の根選挙 イージス配備めぐり舌戦

  9. 9

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  10. 10

    “コントの神様”志村けんは「キッチリ準備」が仕事の流儀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る