「平城京」安部龍太郎著

公開日:

 朝廷から処罰されて逼塞(ひっそく)していた阿倍船人を、兄の宿奈麻呂が訪ねてきた。藤原京に移ってまだ13年にしかならないのに奈良山の麓に新しい都を造る手助けをせよという。それもたった3年で。朝廷は唐に対して同盟的な従属国になることを申し入れたのだが、そのために唐に倣った都を造らなくてはならなくなったのだ。これは実力者、藤原不比等の命令だった。

 だが、その予定地にはかつて雄略天皇に殺された眉輪王の御陵があり、王を慕う葛城氏が住んでいる。船人は彼らの権利を守るために奔走するが、朝廷の兵が眉輪陵の測量を始め、阻止しようとした葛城の民に襲いかかった。平城遷都を巡る壮大な歴史ロマン。

 (KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る