「平城京」安部龍太郎著

公開日: 更新日:

 朝廷から処罰されて逼塞(ひっそく)していた阿倍船人を、兄の宿奈麻呂が訪ねてきた。藤原京に移ってまだ13年にしかならないのに奈良山の麓に新しい都を造る手助けをせよという。それもたった3年で。朝廷は唐に対して同盟的な従属国になることを申し入れたのだが、そのために唐に倣った都を造らなくてはならなくなったのだ。これは実力者、藤原不比等の命令だった。

 だが、その予定地にはかつて雄略天皇に殺された眉輪王の御陵があり、王を慕う葛城氏が住んでいる。船人は彼らの権利を守るために奔走するが、朝廷の兵が眉輪陵の測量を始め、阻止しようとした葛城の民に襲いかかった。平城遷都を巡る壮大な歴史ロマン。

 (KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る