「愛着アプローチ」岡田尊司著

公開日:  更新日:

 多くの病は薬による医学的アプローチで治療が施されてきた。しかし近年、うつやひきこもり、依存症にDVなど、対処が難しい病が増えている。そこで精神科医である著者が取り組むのが、“愛着”の安定を促すことで症状の改善を目指す「愛着アプローチ」という手法だ。

 愛着は一般的に人や物に対する思い入れと理解されているが、心理学の世界では人との情緒的な結びつきのことを指す。そして、親との愛着が十分に形成されるか否かは、社会性やストレス耐性、知的な発達までも左右し、その後の人生に大きな影響を及ぼすと考えられているという。

 愛着のタイプには安定型と不安定型があり、不安定型の中でも回避型や両価型などいくつかのタイプに分けられる。安定型の人は他者に支配されることはなく、必要に応じては他者に頼ることもできる。しかし回避型の人は親密な関係を恐れて他者に頼ることができず、また頼られることにも苦痛を感じる。両価型の人は愛情を求めて過剰に他者に合わせるが、その期待が裏切られると怒りを爆発させるという両極端な特徴を持つ。

 本書では、不安定型を脱して安定型愛着になるためのプログラムも紹介。自分が嫌な気持ちになる場面を書き出し、それを題材に作家になって物語を作るなど、第三者の視点を持つ訓練を行うことで認知と行動と感情のバランスを整えていくものだ。

 愛着へのアプローチが、従来の医学でも救えなかった苦しみを救うかもしれない。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る